2010年09月02日

IG-BC15の特長


IG-BC15 の特長についてご紹介します。

【 ペットボトルサイズ 】

本体の高さ150ミリ、底面直径65ミリで、通常の車載カップホルダーにぴったりと収まる350mLペットボトルサイズを実現しているので、置き場所に困ることはありません。

【 車内空間を考えた設計 】

車での使用を考慮しています。
前方ななめ20°に吹き出した高濃度プラズマクラスターイオンが、天井に沿って流れるコアンダ効果により、自動車内に広く高濃度のプラズマクラスターイオンが放出されます。

【 車のエンジンのON/OFFに連動 】

IG-BC15 の動作中に、車のエンジンを切ると動作は自動停止し、再び車のエンジンをかけると、動作停止時と同じモードで再開します。
車の乗り降り時に、IG-BC15 のスイッチを気にする必要はありません。

【 カセット式のユニット交換方式 】

イオン発生ユニットが簡単に交換できるように、カセット式のユニット交換方式を採用。

最初から、自動車で使うために設計されていますので、注意しなくても、車内の空気環境を変えてくれえるんですね。


IG-BC15プラズマクラスターイオン発生器の詳細はこちら⇒⇒


posted by IG-BC15 at 23:11| IG-BC15の特長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。